0-2歳児の保育環境①|園舎の設計

最終更新: 8月5日


昨年、新たに保育所に入った0-2歳児の凡そ3人に1人が、企業主導型保育事業で開設された事業所内保育所に入りました。そのほとんどが19名以下の小規模保育所に該当します。

保育所の環境が問われ、保育の質が問われ、、、ネガティブなニュースが流れています。

子どもたちの環境づくりについて、少しでもお役に立てるよう私たちの立場からお伝えできることを、引き続き更新していければと思います^^

*  *  *  *  *

0-2歳児の保育環境について考えます。

子どもたちの ’遊び’ の中には、おままごとや絵を描く等の【小さな遊び】と、

ゴロゴロする、何かを持ち上げる等の、身体を動かす【大きな遊び】があり、

子どもがしたい時に出来る、両者を満たしてあげられる空間づくりを目指しています。

また同様に【静】と【動】の空間が柔らかく(保育士の視野に入る中で)分かれる様つくっていきます。

①既存の空間を使って限られた中できること。

②新設時に考えておくこと。

それぞれお伝えできればと思います。

つづく。。。

*  *  *  *  *

保育環境について、ニュースレターをお送りしています。

ご希望の方はお問い合わせフォームよりお申込み下さい☆


平日 9:00~18:00

園舎・園庭の設計・監理を手掛ける 一級建築士事務所 | 湘南を拠点に全国対応​

Copyright © いわた環境計画. All Rights Reserved..