既存施設と調和|園舎の設計


開園間近の保育園、外構工事が始まりました。

この保育園は、特別養護老人ホームを運営される介護事業者の事業所内保育所です。

敷地内の一角に位置しており、出入口は敷地内側にあります。

敷地内側に開き、道路側には閉じた計画をしています。

北側道路に面しており、道路から見ると既存施設の手前に建つことになります。

企画当初から【道路からの見え方】について、頻繁に話があがりました。

道路に面する部屋は、トイレや調理室、倉庫など。。

建物の裏側感が拭えません。

敷地も限られた中での計画ですから、各部屋の位置は変えられず、

建物フォルムで裏側感を強調しない様な計画としました。

T字路正面から見て、既存施設が隠れ無い様な形状と高さ、

また両者の存在をを消さない様、配慮しています。

特養の館銘板が隠れ無い様、慎重に計画しました。

勾配屋根には太陽光パネルを設置。

助成を受けた施設ですので売電が出来ません。

施設完結で、ほぼゼロエネルギーの施設です。

イニシャル・ランニングコストから計画しています。

既存施設との調和は、非常に大切です☆

#小規模保育所

平日 9:00~18:00

園舎・園庭の設計・監理を手掛ける 一級建築士事務所 | 湘南を拠点に全国対応​

Copyright © いわた環境計画. All Rights Reserved..