関東を中心に全国対応|園舎・園庭の設計・監理を手掛ける 一級建築士事務所 | いわた環境計画 株式会社

Copyright © いわた環境計画. All Rights Reserved.

  • ai iwata

園舎の安全|園舎の設計


大阪北部の地震で、構造物が崩れいたたまれない事故が起こりました。

以降毎日、身の回りの危険についてNEWS等で取上げられています。

園舎の安全 を見直し、安心して過ごせる場所づくりをしていただきたいと思います。

園舎の耐震改修は既に完了しているところが多く、安心されている方も多いのではないでしょうか。

自治体の助成金を得て行う耐震改修は、概ね IS値(耐震性能指標)0.6以下の建築物が対象となり、補強0.75以上を確保すること(神奈川県事例)とされています。

この0.6が意味するものは、RC(鉄筋コンクリート)造の場合、

・震度5程度の地震が来たとき、被害ランク中破=柱や耐震壁にひび割れを生じます。

・震度6以上の最大クラスが来たときは、被害ランク大破=柱の鉄筋が露出・座屈等が生じます。

いずれにしても震度5以上の地震時、屋外へ避難するまで(構造物の)安全は確保し、人命を守る耐力の基準です。

つまり耐震補強(0.75以上)をしていれば、想定される地震からは身を守ることが出来ます。

問題は、非構造部材(天井、間仕切り壁、配管)や、照明、家具、ピアノ等の什器です。

避難経路を妨げられる可能性もあり、重大な事故につながります。

『耐震補強済⇒安心ではない!』という事がお分かりいただけましたでしょうか。

この機会に園舎を見回していただき、園児の安心確保して下さい☆

1.天井面

 □照明器具:昔ながらの はめ込み型蛍光灯ではありませんか?

       ・・・老化により落下の恐れがあります。

 □遊技場等大空間:構造上 吊天井の場合、老朽化チェックしていますか?

          ・・・確認目安は10~15年程度です

2.壁面

 □ガラス:強化ガラス・網入りガラスになっていますか。又は飛散防止フィルム貼ってますか?

 □誘導灯・火災報知器は付いてますか?切電時に作動するバッテリーも確認してください。

3.床面

 □避難経路:スムーズに通れますか?

       ・・・普段は使わない非常口付近、物置になっていませんか?

 □階段:ノンスリップは効いてますか?

4.家具・什器(大きいモノ・重たいモノ)

 固定器や触れ止め、全て付いてますか?

 □大型遊具 □ピアノ □ロッカー □本棚 □黒板・ホワイトボード □テレビ  

 □吊りテレビの場合は、吊部の定期的な点検を!

その他、塀やフェンスなど外構も見直しましょう。

以上、直ぐできる確認で安全な園舎を☆

#保育教育の環境づくり