企業主導型保育事業の動向|園舎の設計

最終更新: 8月9日


企業主導型保育事業では、平成30年度も新たに2万人分の整備をすると発表がありました。昨年度までの実績から、施設数にして約1000施設程度と見込まれます。

保育園・幼稚園を既に運営されている皆さまも、当事業を利用した開設が可能です。

・施設整備費の3/4が助成金として支払われること。

・運営費についても認可保育所並みの助成金が支払われること。

・賃貸物件も可能で、家賃に対しても助成対象になること。

その他、様々な当事業ならではの多様な可能性があります。

冒頭の通り2万人分と、これまでより限定的なため、次回公告(早くて4月中)までに準備しておく必要があります。

ご検討中の皆さま、先ずは情報収集を早急に始めてくださいね。

申請準備から、保育所計画、開設までのお手伝いが可能です、ご検討の皆さま是非ご相談下さい☆

ところで・・・私たちは、こんなところで設計をやっています^^

同じマンションの2階・3階です。

園舎について、企業主導型保育事業に関する お問い合わせ・ご相談、お気軽にどうぞ☆

訪問、当事務所での打合せ、どちらも可能です。

#企業主導型保育事業 #事業所内保育所

最新記事

すべて表示

セミナーのお知らせ|園舎の設計

保育施設 入園希望者の4人に1人は落選、、、 未だ待機児童解消の解決には、見通し遠い報道がされていました。(朝日新聞 4.2朝刊) 各地中心部ではまだまだ不足する保育施設。 待機児童解消の一端を担う、『企業主導型保育事業』と『認定こども園』に関し、セミナーを予定しています。 ○各制度の押さえておくべきポイント ○具体的な進め方 ○事業収支計画 ○こどものための環境 ○永続的な施設整備 余すことなく

平日 9:00~18:00

園舎・園庭の設計・監理を手掛ける 一級建築士事務所 | 湘南を拠点に全国対応​

Copyright © いわた環境計画. All Rights Reserved..