あたたかい床|園舎の設計

最終更新: 8月9日


あたたかい床の影響について。

エアコンからの暖気は、床上1mから上部に停滞します。 床暖房を入れることで、床からの放射熱により室温は安定します。

室温が安定すると、活動量が増え体温リズムが安定するという調査があります。

栄養不足や運動量の低下により、低体温児が増えていますが、

保育室での生活で活動量を増やすことで、体温リズムを安定させ園児の健康を保ちたいですね。

写真の様に日当たりの良いゾーンと、それ以外のゾーンに分けることで、エネルギー消費のコントロールをします。

また断熱性能や、床材によっても異なります。

写真の園では複合フローリングを使っていますが、無垢材を使用することで身体への負担が減るなどの要因から、更に活動量が増える結果も出ています。

園舎から、園児の健康を考えてみませんか♪

#床暖房 #保育教育の環境づくり

平日 9:00~18:00

園舎・園庭の設計・監理を手掛ける 一級建築士事務所 | 湘南を拠点に全国対応​

Copyright © いわた環境計画. All Rights Reserved..