小規模保育所の物件探し | 園舎の設計

最終更新: 8月9日


先週は小規模保育所開設に向けて、いくつかの事業者さまの物件探しに同行して来ました。

無認可の小規模保育所では、認可と比較し必要設備等の緩和はありますが、

建物の基本条件として、2方向避難(メインの出入口の他、もう一方出入り出来ること)、敷地内通路 1.5m(有効幅員)、採光・換気面積、この3点がネックになりなかなか見つからない状況です。

こちらはコンビニ跡地。裏口から道路までの通路幅員は1.2m(柱型等を除く、一番狭いところで1m程度)で必要幅員が不足しています。

ですが、全面道路に接する面の(写真右側窓)のサッシを交換し、右端にドアを設置(2方向避難確保)、開閉の出来る窓(換気確保)とすることで、一先ずは可能性が出てきます。(各県市町村により、その他詳細な規則がある場合があります)

こちらは採光条件等の環境が保育所として大変良い物件ですが、2方向避難の確保できずこのままでは不可です。

店舗物件で、多少の外観に響く改修(右側に見えるサッシの一部を、ドアにする等)が出来れば、可能性が出てきます。

こちらも室内環境としては申し分ない環境でしたが、2つ目の通路(写真の外部階段脇)1.5mが確保できず、保育所としては不備物件でした。

店舗案件の他、マンションの1階、中古の戸建て住宅等も視野に入れ、検討されてはいかがでしょうか。

物件探しについても、ご相談お受けしています。

お気軽にご相談下さい☆

#物件探し #企業主導型保育事業

平日 9:00~18:00

園舎・園庭の設計・監理を手掛ける 一級建築士事務所 | 湘南を拠点に全国対応​

Copyright © いわた環境計画. All Rights Reserved..